岩重さん初めまして。

 

 

 
 

並矢

丸左三つ巴

五瓜

中輪に四方木瓜

丸角立四目

   

 

工事中

 

工事中

写真をご覧下さい

 

工事中

工事中

写真をご覧下さい

   
 

梅ばち

丸に十二枚笹

右三階松

丸に桔梗

   

 

 

 

岩重と言う苗字は日本でも稀な名前です。

 

 
  明治六年に創立した敷根郷校(敷根小学校の前身)の102年後の昭和50年に閉校記念誌が編集された。その中で明治26年以降の卒業生の 名前が記載されているがそこには生徒102人の岩重の名前が見えます。

平成13年の国分市の電話帳には岩重の名前が15人載っています。その内の9人の人は敷根に住んでいます。

平成九年に国分市で発行された”国分郷土誌”には旧石器から終戦までの国分の事について書いてありますがあいにくと岩重の名前は見つかりません。

それでは私たちの”岩重”と言う苗字は何時、そしてどうして出来てきたのでしょう?

種子島家譜にも何時、岩重の名前が与えられたかを書かれていますから、参考までにご覧になってください。

上記の九つの家紋から分かるように、今の時点で、少なくとも 岩重家は 九つ 異なる 流れがあることです。お宅の家紋の名前をクリックすると、お宅のホームページに行けます。これが始まったばかりですから、余り内容が有りませんが、これはお宅の皆さんが作るページです。皆さん、どしどし家系図、資料を私宛に送ってください。 それによって、お宅のページを拡大できます。

現在、三月十三日2008年 毎月大体400件の訪問者が居ますからお宅のページになるような物を連絡ください。

 

 

連絡は私、岩重博視までに hiromi@iwashige.net 宛でメールを下さい。

皆さんからのお便りは次のように載せさせていただきます。 岩重さんからのお便り

 

岩重さん! もしお宅の家紋が上記の九つ以外のものであれば其の名前と、家紋の図案か写真を送ってください。

 

  Hiromi Iwashige 岩重博視  
3015 S Partridge Rd.
Partridge, KS 67566
U.S.A.
hiromi@iwashige.net
日本からの電話番号 0101−620−567−2123、 日本からは15時間遅れです。